製品概要・工事実績案内


キーワード:
51件の情報項目より1-5件を表示しております
  010:  フルドレーン(管渠型深溝可変側溝)
フルドレーン(管渠型深溝可変側溝)

深溝・可変円形水路「フルドレーン」とは?

深溝・可変円形水路「フルドレーン」とは従来の自由勾配側溝と円形水路の利点を組み合わせ、それぞれの難点を解消した新時代の側溝です。

●自由勾配側溝の利点●
・可変勾配の現場に対応勾配を自由に調整できる。
▲自由勾配側溝の難点▲
・開口部が全面でないため調整コンクリートの仕上げが難しく、特に逆勾配に調整コンクリートを仕上げるのは至難の業
・地下水が出る場所だと基礎・調整コンリートの打設が困難

●円形水路の利点●
・管渠型側溝のためコンクリート蓋などを使用しない。
・路面排水能力が良い。
・円形のため流速が増しスムーズな排水効果が計れる。
▲円形水路の難点▲
・内径が変化すると製品幅も変化する為、エプロン幅が変化する。
・管渠側溝のため調整コンクリートが打設出来ず可変勾配に対応できない。


  020:  フルドレーンの特長
フルドレーンの特長


★フルドレーンの特長★

◆製品深さに関わりなく、製品幅は統一
◆道路勾配に関わらず水路勾配を自由に出来る「深溝・可変円形水路」です。
◆現場条件に合わせ「調整コンクリート付フルドレーン」を当工場で製作します。

 

  030:  フルドレーン 可変調整コンクリートとは
フルドレーン 可変調整コンクリートとは




★フルドレーン 可変調整コンクリートとは★

◆ご要望により0~10%の勾配を自由にミリ単位設定できます。
◆可変調整コンクリートを製品一体化としてあるため、現場打ちコンクリートは不要なので施工が早く工期短縮がはかれる。
◆通常のフルドレーンと同形状の鋼製型枠で製作されている為、底部が円形の可変が出来ます。
◆フルドレーン調整コンクリートは二次製品の為粗度係数は通常品のフルドレーンと同様です。一般的な可変側溝は現場打ち調整コンクリートの為、二次製品に比べ、粗度係数が高く、流速が遅く流量が小さくなります。


  040:  フルドレーン Ⅰ型
フルドレーン Ⅰ型




フルドレーンⅠ型



フルドレーンⅠ型は全面排水開口タイプ(リッド式グレーチング使用)で抜群の路面排水処理能力があります。
リッド式グレーチング落下穴面積0.015㎡/1m





★レギュラータイプ(A)★
エプロン幅500mm(水路幅300の場合)で歩車道境界ブロックが掛かる切りかきがある。境界ブロックの不等沈下が防げます。
★乗り入れタイプ(B)★
特にフラットの出入り口部や横断歩道部に使用。
★アングルタイプ(L)★
インターロッキング舗装やアスファルト舗装などで施工すると表面にリット面しか露出しないようになります。
★アングルタイプ(LD)・(特LD)★
排水性舗装に対応したエプロン部にV字溝がある。
特LDは歩道側と車道側のアングル高さが異なるため、車道側の排水性舗装は50mmで設定できます。
★マウンドタイプ(M)★
歩車道境界ブロックが側溝の上部に設置できるため基礎採石等が不要になる。
車道幅員が狭い場合でも外側線が引ける。
★片勾配タイプ(K)★
特に1級国道等に使用。国道エプロン幅500mm(水路幅300の場合)で歩車道境界ブロックが掛かる切りかきがある。
部分開口・または開口なしタイプ
★自動車専用道路タイプ(BHJ)★
自動車専用道路に使用。全面スリット幅60mm
特に開通している道路側溝工事で可変部がある場合は「可変調整コンクリート付フルドレーン」で施工すると復旧がすぐに出来る。

  085:  フルドレーンⅡ型
フルドレーンⅡ型


フルドレーンⅡ型   






フルドレーンⅡ型は部分排水開口タイプでぐグレーチングを使用しないため安価に提供できます。







★レギュラータイプ(A)★
エプロン幅380mm(水路幅300の場合)で歩車道境界ブロックが掛かる切りかきがある。境界ブロックの不等沈下が防げます。

★乗り入れタイプ(B)★
特にフラットの出入り口部や横断歩道部に使用。

★デザインレギュラータイプ(AD)★
レギュラータイプのデザイン付天端2%勾配

★デザイン乗り入れタイプ(BD)★
天端デザイン付、V字2%勾配
蓋がないのでガタツキもなく、安価なので長尺U字溝の代わりに使用することが多い