最新情報 rss


2010年06月25日(金)

茨城県コンクリート製品協同組合型管渠型側溝「 IBC排水側溝」のご案内


 IBC排水側溝
<茨城県コンクリート製品協同組合型>
<国土交通省NETIS:NO.KT-050055>
<茨城県土木部IT'S登録番号:NO.B-05016>

IBC排水側溝は茨城県コンクリート製品協同組合が県内の組合員15社の「茨城県土木部指定工場」にて製造販売している製品ですので安定した供給が出来ます。

特長
1.経済性
◇施工性が優れているので、工期が大幅に短縮できる
◇製品幅の統一で、設計・施工が容易
◇側溝上部が歩車道境界基礎ブロックの機能を持つ

2.機能性
◇規格W300×H300~700,W400×H400~800対応
◇出入り口用と交差点巻き込み部用は頑丈なブロック一体型
◇集水桝の設置で、維持管理が容易(集水桝は深型も有り)
◇車道部の雨水を歩道部に流出させない(歩道部側溝不要)
◇接続用集水桝不要の専用暗渠タイプ製品有り
◇暗渠タイプ製品を除く全製品が排水性舗装対応
◇1mに1箇所、水抜口を設けた抜群の排水能力
◇歩車道境界ブロックの水抜穴は空き缶が入らない大きさ
◇二次製品可変調整インバート付で可変自由勾配可能

3.バリアフリー性
◇歩道幅員を最大限活用でき、交通弱者に優しい設計
◇ボックス一体型で、蓋のガタつきの心配が無い
◇歩車道境界ブロックの使い分けにより、フラット・セミフラット・マウントアップ全てに対応

4.将来性
◇歩車道境界ブロックを取り外すことにより、出入り口が確保される
◇全製品が排水性舗装対応のため、将来の排水性舗装にも対応