最新情報 rss


2015年09月25日(金)

新規格  都市型側溝

都市型側溝の特徴

 ■ 路面排水能力のアップと排水性舗装対応

  ・側溝の頂版及び側面に排水孔を設け路面排水能力を大幅にアップしました。
  
  ・スリット排水孔により集水目的の高価なグレーチングを必要としませんので、コストが大幅に削減
   できます。

  ・管底断面がアール形状のため小水量時にでも掃流効果により側溝内に堆積物が溜まり
   にくいです。

 ■ 道路幅員の有効利用と豊富なバリエーション

  ・側溝本体の端部に歩車道境界ブロックを直接施工できるので歩道復員を有孔に利用でき、
   歩行者に優しいです。

  ・基本タイプ、バリアフリータイプ、グレーチングタイプ等、様々なバリエーションがございます。

 ■ 自由勾配対応側溝(逆勾配可変対応)

  ・側溝の調整用コンクリートインバートを工場でミリ単位で成形可能なため、水勾配をとるための
   必要最小限の 製品サイズとすることができ、無駄のない経済的な設計が可能です。

 

    詳しくは、新カタログの P、67~82をご覧下さい!!

都市型側溝施工現場写真